家具を送るにはどの業者に頼むのがベスト!?運送業者と引越し業者の違いは?

 

家具を送る場合の業者の選び方では現状、運送業者と引越し業者、もしくは軽貨物運送業だけが候補に入ります。

 

(軽貨物運送業とは軽トラックを使って荷物を輸送する赤帽が代表的な業者になります。)

 

もしも、どの業者が良いのかどこがお得なのか迷ったら、家具配送の専門サイトも活用して下さい。

 

大型家具の配送を安く済ますには?

家具の配送.comでは、家具ごとの送料目安や業者の選び方、運搬前の注意事項~確認すべき点の詳細が分かります。

 

業者の基本的な違いですが、運送業者の場合は、家具を送る事は出来ますが、建物の養生や梱包を行わないという企業もあります。

 

 

引越し業者であれば、養生や荷造りは日常業務のため、どんな大型家具でも基本的には行います。

 

 

料金面では、運送業者の場合、同じ地域に向かう大型トラックでまとめて運ぶ混載便を使うため費用は格安になります。

 

 

引越し業者はお客様だけのトラックを専用で用意するため、トラック代と人件費がかかるため割高となります。

 

 

また価格設定としては、運送業者は一つの荷物に対して費用がかかるため、複数送る家具がある場合は割高なります。

 

 

引越し業者は上記通りに、貸し切りトラックになるため、同サイズのトラックを使う場合であれば、何点もの家具を荷台にぎっしり詰め込んでも、仮に荷台にスペースが空いても料金が割高になることはありません

 

 

以上が大まかな運送業者と引越し業者の違いです。

 

 

どちらが向いているのかは送る家具の点数や大きさ、また距離でも変わるので一概では言えません。

 

強いて例をあげるなら、

  • 長距離で送る家具が単品の場合は運送業者、
  • 大型家具が4点も5点もある場合は、距離に関わらず引越し業者
  • 近距離で家具が1,2点であれば赤帽のような軽貨物業者

となります。

 

ただし、運送業者の料金はいつの時期に運んでも一定ですが、引越し業者は繁忙期以外(3月、4月)であれば格安で輸送してくれるケースも御座います。

 

トラック輸送以外にも鉄道コンテナ便で長距離輸送の費用を削減するルートを持つ業者も存在します。

 

大手では

  • 日本通運や
  • アリさんマークの引越し社、
  • ヤマト運輸

がコンテナ輸送を行っている代表的な業者となります。

 

国内で運送業を営む数は数万社にも及ぶため、一社に限らず様々な業者で複数見積もりを取る必要があります。

 

大手だけに限らず、中小でも料金が安くサービスが良い業者も存在しますので、しっかりと比較を行って下さい。