相続人は誰がなれるんだっけ?取り分もハッキリさせよう!

 

相続人には「配偶者相続人」と「血族相続人」があります。

 

血族相続人は

  1. 被相続人の子・代襲相続人(第一順位)、
  2. 父母・祖母(直系尊属・第二順位)、
  3. 兄弟姉妹・代襲相続人(第三順位)

です。

 

代襲相続人:当事者が亡くなっている場合その子が代わりに相続人になります

 

血族相続人は順位が下位の者は相続人になりません。

 

被相続人に子または代襲相続人の孫(第一順位)が一人以上いる場合、第二・第三順位の面々は相続人になれません。

 

相続人の基本は配偶者と子供で、相続分は

  • 配偶者が1/2、
  • 子供が1/2

となります。

 

 

子供が二人以上いる場合は、子の相続分1/2を人数で割って分ける事になります。

 

 

 

配偶者がいない場合は子が全て相続し、子が居らず子の代襲相続人もいない場合は第二順位の直系尊属、第一順位と直系尊属もいない場合、第三順位の兄弟姉妹が相続します。

 

 

血族相続人がいない場合は配偶者が全て相続します。

 

 

子が居らず直系尊属の父母や祖母が相続する場合、

  • 相続分は配偶者が2/3、
  • 直系尊属が1/3

となります。

 

 

配偶者と兄弟姉妹が相続する場合は、

  • 配偶者が3/4、
  • 兄弟姉妹が1/4

となります。

 

父と母のどちらかが違う兄弟姉妹は、両親が同じ兄弟姉妹の1/2となります。

 

被相続人の子に亡くなった方がいれば、その子(被相続人から見て孫)が代襲相続人となりますが、孫も無くなっている場合はそのまた子供が再代襲するという風に代々続いていきます。

 

 

兄弟姉妹にも代襲相続人が認められていますが、子供までの一代限りで、再代襲は認められていません。

 

尚、相続放棄した場合は代襲相続しません。

 

配偶者は必ず相続人になりますが、正式な婚姻関係が必要で内縁の妻は相続人にはなれません。

 

養子縁組の届け出が為されている養子は実施と同様に相続人となります。