確定拠出年金(かくていきょしゅつねんきん)の概要!

nenkin

 

掛け金は全額所得控除になるので、この時期になると節税のために興味を持たれる方も多いのが、確定拠出年金です。

 

 

この確定拠出年金は、拠出された掛け金が個人別にはっきりと分けられて、掛け金とその運用収益と合わせた合計額をもとに年金額が決定される年金制度の事です。

 

 

 

アメリカで行われている企業年金401Kプランを参考にしていて日本版401Kプランとも言われています。

 

 

厚生年金基金などの今までの企業年金は、確定給付型というあらかじめ年金額が決められている年金制度で、企業が運用リスクを負担しています。

 

 

バブル崩壊後、投資環境が悪化し企業がリスクに耐えられない状況が出てきました。

 

 

確定拠出年金が今までの厚生年金基金に代表される企業年金との違うのは、企業や加入者が一定の拠出金を支出して、運用実績に応じた年金や退職金を受け取ることです。

 

 

加入者が元本確保型の定期預金や様々な投資信託などから自由に自己責任で商品を選択して運用を行い、年金の受取額、退職金の受取額を増やしたり減らしたりします。

 

 

また、確定拠出年金には企業型と個人型の二つがあります。

 

積み立てる掛け金や運用益は、年金が給付されるまでは非課税で運用できます。

 

ただし、専業主婦や公務員は加入することが出ません。

 

企業型の場合、掛け金は企業、又は個人が負担し、個人型は企業年金制度が無い会社の従業員や自営業者が加入して自分で掛け金を負担します。

 

併せて読みたい

企業型確定拠出年金

個人型確定拠出年金