簡単エクササイズで足のむくみにサヨウナラ

asinomukumi

夕方になると足がだるい、靴がキツイ、脚が太く見える、そんな足のむくみって嫌なものですよね。

むくむのは塩分の摂り過ぎだとよく言われますけど、塩分よりも厄介なのは、実は重力なんですよね。

 

重力がないと困ってしまいますけど、重力に引かれた血液や体液は下半身に溜まってしまいがち。

出来る事ならむくみ知らずの足を手に入れたいですよね。

下半身から上半身に体液を戻すのに必要なモノって何だと多いますか?

心臓?それも確かに大事ですけど、一番大事なのはふくらはぎの筋肉なんです。

 

ふくらはぎの筋肉は歩くだけではなく、体液を上半身に戻すポンプ的な役割も持っているんですよ。

 

 

そんなふくらはぎの筋肉を鍛えるのに、

椅子に座った状態で、つま先は床から離れないように注意しながら、かかとを上げ下げするだけの、簡単エクササイズはいかがでしょうか。

 

ポイントは、

  • ふくらはぎに力を入れたまま行う事、
  • ゆっくりとした動作で行う事、
  • かかとが上がり切った時に数秒間停止する事

 

の3つです。

軽い負荷をかけ続ける事で、重労働をしていると勘違いした体は筋肉量を増やそうとして成長ホルモンの分泌量を増やすため、効率よく筋肉を増やす事が出来るんです。

 

でも本当に重労働をしている訳ではないので、ひどい筋肉痛になったり、ムキムキの筋肉が付いてしまう心配がないのも嬉しいですよね。

 

 

しかも成長ホルモンには代謝を高める作用もあるので、ダイエットにも役立っちゃうかも知れませんよ。

隙間時間に出来る簡単エクササイズで、むくみ知らずの足を手に入れませんか?