食材の保存失敗した?でもこの方法で元通り!

うっかり保存に失敗してしまったものを、ちょっとしたひと手間で美味しく便利に復活させましょう。

・塩

 

salt

固まった塩を毎回ゴリゴリ削るのって面倒ですよね。

塩が固まってしまう原因は、湿気でミネラルがくっついてしまうからですので、水分を飛ばしてあげればサラサラに戻せます。

 

湿気が飛びやすいように平皿に開け、蓋やラップはしないでレンジで加熱

 

軽い塊なら20秒、頑固な塊なら1分程加熱したあとに、箸などでつつくと面白いように崩れます。

 

 

 

・砂糖

 

suger

 

砂糖が固まってしまう原因はちょっと厄介で、一度湿気を吸った砂糖が再び乾燥すると固まります

 

すぐにサラサラに戻したい時には、水を入れたコップと一緒に電子レンジで加熱

 

加熱し過ぎると溶けて飴になってしまうので、一度の加熱時間は長くても2分程度に収めましょう。

 

 

飴になっちゃうのが怖いと言う時には、一口大に千切った食パンを2~3かけ、砂糖の保存容器に入れて一晩放置

 

パンから適度な水分が移り、必要ならば余分な湿気を吸い取るので、一晩たつとサラサラな砂糖に戻ります。

 

 

・硬くなったフランスパン

 

france-pan

 

 

ラスクのように硬くなってしまったフランスパンやバケット、フレンチトーストにしたり、パン粉にするのも面倒ですよね。

 

 

表面に霧吹きで水を掛けるか、軽く濡らしたキッチンペーパーで包んで電子レンジで10秒加熱をすると、ふんわりとしたパンに逆戻り

 

 

その後、アルミホイルで包んで予熱したトースターで焼けば、表面カリっと中はふっくら焼けますよ。

 

・バリバリに乾いた餅

 

omoti

 

 

水を張ったボウルやお皿に入れたまま半日放置

 

見た目はややスカスカした印象でも、焼けば買いたてのお餅と見分けが付かないくらいまで復活します。

 

 

・しなびた葉物野菜

 

yasai

 

大きめのボウルや鍋に50度のお湯を張り、しなびた野菜を2~3分ジャブジャブするだけでパリっとした歯触りとみずみずしさが戻ります。

 

 

残念ながら抜けてしまった栄養価までは戻らないので、買った野菜をすぐに使い切る自信が無い時には、

 

買ったらすぐに50度のお湯で15~20秒ほど湯洗いをしておくと、栄養価を残したまま長期保存ができるようになります。

 

 

湯洗いして保存しておいた野菜がしなびてしまった場合でも、50度のお湯に2~3分漬けると復活させることができますよ。

 

・番外編

 

otyanoha

 

古くなって香りが飛んでしまったお茶や、買ったばかりなのに好みではなかったお茶、

入浴剤や脱臭剤代わりに使うのも良いのですけど、元が高級なお茶だったりするとそれも勿体ないですよね。

 

 

そんな時には鍋やフライパンを使って中火で乾煎りするか、

平皿に広げて電子レンジで加熱をして、自家製ほうじ茶を作るのがお勧めです。

 

 

ほうじ茶は緑茶よりもカフェインが減り、加熱することでリラックス効果のある香りを発するようになるので、

飲まなくなった緑茶がある時には試してみてはいかがでしょうか。